量が質を凌駕する。挑戦と結果にこだわる姿勢を貫く。

メディア制作局石毛 聡(2012年入社)

現在の担当業務を教えてください。

僕が所属しているメディア制作局のミッションは、「@type」「女の転職@type」に掲載する求人広告の制作を通じてクライアントの採用を成功させること。クライアントへの取材や撮影、コンセプト設計からライティング、デザイン、掲載開始後の効果分析などを一貫して行い、求人広告の応募効果をあげるために日々尽力しています。現在は、課長として5名のメンバーの育成をはじめ、課や部の効果管理や施策の企画・実行、組織作りなどを担っています。

入社後から現在に至るまでに、
困難にぶつかったことはありましたか?

入社直後から困難の連続でした。大学時代までは、勉強もスポーツもそつなくこなし、入社後もきっとすぐに広告が作れるようになるだろうと根拠のない自信を持っていました。しかし、いざやってみると全然できない。器用に効率的に仕事を進めていく同期や、読む人の心を震わせるようなコピーが書ける同期たちに囲まれて、「自分には何もない」というコンプレックスに悩まされました。考えた末、同期に「仕事量」で勝負しようと決意。自分の仕事に加え、先輩の仕事をもらいにいき、公募の仕事があれば、必ず真っ先に手をあげる。頼まれたらどんなに忙しくても断らない。とにかく量をこなすことで自分の「存在価値」を示そうとしたんです。気付けば「何でもやる石毛」というブランディングが確立。結果、制作量で部内1位となり、手掛ける広告の質も向上し、同期で一番早く独り立ちすることができました。段々と求人広告制作以外の仕事も任されるようになり、学生向けインターンシップの企画・運営や、求人広告の効果分析などを行うチームへの加入なども経験。自分の価値を見出したことに加え、仕事の幅を広げることができました。

仕事をする上で、ご自身が「貫いている」ことを教えてください。

クライアントの採用を成功させることです。正直、元々クリエイティブ志向が強いわけではなかったので、入社2~3年目の頃は、制作の仕事を“こなす”感じで、どちらかというと求人広告以外の仕事に熱を注いでいました。しかしある時、上司に「求人広告以外の仕事ばかりやって、仕事をした気になるな」と言われ、ハッとしたんです。制作マンのミッションであるクライアントの採用成功をおざなりにしている自分に気付かされました。取材の場で、企業の命運を握る採用に対して真剣に向き合っている人事や経営者を前にして、改めて自分がいる意味を考えた時、やはり採用成功という結果で応えたいと思うようになったんです。ここでもこだわったのは「量」。@typeはITの求人が多いので、エンジニアに詳しい先輩に業界についてや効果の出し方を教えてもらい知識を増やし、毎日PVや応募数をチェックし、掲載後も何度も求人広告の修正を実施。採用できる求人広告づくりに力を入れました。その結果、10クオーター連続で部で掲げている数値目標を達成。実績が評価され、四半期のMVPと年間表彰の銀賞を手にすることができました。表彰そのものも嬉しかったですが、クライアントから「また石毛さんにお願いしたいです」と指名された時は、自分が認められたと感じ、喜びも倍増しますね。

今後の目標について教えてください。

今の目標は、課長として自分の課のメンバーの育成を全うすること。メンバーが成果を出し、社内で表彰されるような人材に成長させたいですね。自分自身、様々なことに挑戦し、存在価値を見出してきました。多彩な経験値を積み上げてきたからこそ、メンバーそれぞれの個性や描きたいビジョンに合ったアドバイスができると思いますし、何度壁にぶつかっても一緒に乗り越えていくつもりです。いつかメンバーが表彰される日がきたら、泣いてしまうかも知れないですね。

メディア制作局
石毛 聡

2012年入社。求人広告制作業務だけではなく、自社の新卒採用向けのインターンシップの企画・運営や外部パートナー企業の教育なども担当。求人広告の効果実績の高さと多岐にわたる仕事へ自らチャレンジする姿勢が評価され、四半期MVPと年間表彰で銀賞を獲得。2018年1月からは課長に昇進し、5名のメンバーの育成に励む。プライベートでは3児の父としてイクメンぶりも発揮している。