デザインにこだわり、自分自身の進化を貫く。

メディア制作局山本 航大(2016年入社)

現在の担当業務を教えてください。

メディア制作部門でCDCが展開する求人広告の制作を担当しています。クライアントへの取材や撮影、コンセプト設計からライティング、デザインまで行っています。メディアに掲載した後にも原稿修正などのアフターフォローを行い、求人広告の効果を上げるために日々尽力しています。その他には、マンツーマンで後輩を育成したり、またディレクターとして外部の制作パートナーや後輩に対するディレクション業務も担当しています。

入社後から現在に至るまでに、
困難にぶつかったことはありましたか?

入社当初は、担当する仕事の幅の広さや業務量に戸惑いました。いくつもの案件を抱えていると行き詰まってしまい「自分には向いていない」と苦しむ時期もありましたね。もともとはデザインがやりたくて入社したのに、業務のほとんどがライティングであることにも、もどかしさを感じたりして…。入社1年目の夏に上司に悩みをすべて打ち明けたところ、その一つひとつに対して真摯に相談に乗ってくれました。それがきっかけとなり、さまざまな迷いが吹っ切れ、逃げ腰になってしまっていた仕事にも前向きに取り組めるようになったのです。その後、2年目には全社表彰式でMVPを受賞したのですが、これは本当に嬉しかったですね。逃げてしまいそうになっていた自分に打ち克つことができて、しかも賞まで獲得して。この当時の経験は、これからの自分にとっても大きな糧になっていくと思います。

仕事をする上で、ご自身が「貫いている」ことを教えてください。

入社当時から「デザインスキルで社内ナンバー1になる」と心に決めていました。そう思うようになったきっかけは、入社1年目のデザイン研修の際に講師として参加していた先輩社員の存在でした。その先輩は優れたスキルとセンスを持っていて、来年は自分が研修する側の立場になりたいと強く感じたのです。そうなるためには、いまの自分に何ができるかを考え、社内でのポジションをしっかりと確立すべく行動に移していきました。部内で月に1回開催される求人広告コンテストに参加したり、求人広告以外のデザイン業務も積極的に受けたりと、デザインスキルを磨き続けました。その結果、2年目に入った直後の新人研修ではデザイン研修を任せてもらうことになったんです。これからも社内で「デザインといえば山本」と言ってもらえるよう、自ら学び、進化し続ける姿勢は貫いていきたいですね。

仕事のやりがいについて教えてください。

取材、撮影、顧客折衝、ライティング、デザインまでとにかく幅広く担当するので、クリエイターとして社外でも通用するスキルが身につけられることにはやりがいを感じます。デザインだけやライティングだけに偏らず「取材×ライティング」「顧客折衝×デザイン」と柔軟に対応する力が身についていると思います。マルチに活躍できるスキルが身につくのは、もちろん本人の努力や実力が必要ですが、手をあげればチャレンジさせてもらえるCDCの環境ならではだと思います。そう言った視点から、早期に様々な経験を積める貴重な職場と言えるかもしれません。社会人としてもクリエイターとしても成長を感じ、同時にやりがいも感じられる環境です。

メディア制作局
山本 航大

2016年新卒入社。CDCが運営する求人メディアの制作部署に配属され、入社当初から広告制作のノウハウを学ぶ。取材、撮影、ライティング、デザインと幅広い分野で活躍し、数多くの案件をこなしてきた経験から局内でも信頼されるクリエイターとして成長。2017年、26期の3クオーター目には、高い制作技術が評価され制作部門のMVP賞を獲得。「デザインといえば山本」と言われるCDCのトップクリエイターを目指して日々奮闘中。