より良い結果に向かって、まじめに、愚直に、貫く。

type転職エージェント小田 真大(2016年入社)

現在の仕事内容を教えてください。

中途採用の転職活動を支援するtype転職エージェント事業部に所属し、広告代理店やweb領域に特化して法人営業を担当しています。単に企業の求める即戦力人材を紹介するだけでなく、採用戦略の企画や提案、求人票に記載するメッセージの方向性などもご提案させてもらっています。どんな手法で打ち出すのが最適なのか、マーケティング戦略も含めてクライアントをサポートするため、仕事の幅は多岐にわたります。

入社後から現在に至るまでに、
困難にぶつかったことはありましたか?

社会人1年目の時は周りに頼ることができず、自分の未熟さをなかなか認められない時期がありました。先輩や上司に聞けばすぐに解決する内容も、一人で抱え込んでしまいクライアントに迷惑をかけてしまったこともありました。そんな自分を変えてくれたのは、入社当初からメンターとして指導してくれた先輩社員です。意固地になっていた自分に対して、あきらめず、見捨てることなく、粘り強く接してくれました。ただ成功する方法論を教えてくれたのではなく、後学につながる良い失敗もたくさんさせてくれました。そのおかげで、仕事に向き合うスタンスや自分の強みにまで気づくことができました。

仕事のやりがいについて教えてください。

営業としての目標の達成はもちろんですが、自分が介在することで生み出せるクライアントへの価値を評価してもらえた時はやはり嬉しいですね。過去に担当したクライアントで、事業内容や社風がとても良いのに、なかなか良い人材に巡り合えていない会社がありました。そこで、自分なりに調査・分析をしてアピールポイントを整理し、訴求の仕方などを提案したのです。その結果、40人規模だった会社で10人近くの人を採用いただきました。それ以降も継続して求人に関するご相談をいただけるようになったことは、自分の自信にもつながりましたね。

また、人材紹介の事業部ならではという楽しさもあります。それは、企業の成長に不可欠な「人」という部分でクライアントをサポートできることです。担当したクライアントの事業としての成長や、ご紹介した方がその後社内で活躍しているお話を聞くと、自分がクライアントに対して貢献できたことが可視化されるようで、非常にやりがいを感じますね。

仕事をする上で、ご自身が
「貫いている」ことを教えてください。

まじめに愚直に行動することです。柔軟に対応することは営業としてもちろん求められますが、まずはクライアントに対峙する一人の人としてまじめさや愚直な行動は自分の強みですね。そういった基礎の部分があってこそ、営業スキルやテクニックは身についていくものだと思っています。不器用ながらも結果に向かって突っ走っていくひたむきさと行動量は、今後も貫いていきたいです。

type転職エージェント
小田 真大

2016年に新卒でCDCへ入社。中途採用を支援するtype転職エージェントへ配属。主に、広告代理店やweb領域に特化した法人営業を担当し、新卒入社から1年間の成績を評価される新卒MVPで見事受賞を果たす。一営業メンバーとして目標に日々向かいつつ、チームメンバーに有益な情報を自らリサーチし、共有するなどチーム随一のムードメーカー。CDCの営業部を引っ張っていく若手のホープとして期待されている。