CDC中途採用者 メディア営業 社員インタビュー CDC中途採用者
メディア営業 社員インタビュー

広告企画営業 上林 野乃花

前職は保険営業。もっと自分を鍛えられる環境に行きたい!と考え、CDCに入社。決め手になったのは「人として、カッコいい人が多かったから」。最近結婚し、仕事と家庭の両立を目指す営業パーソン。

もう一度、憧れの「営業ウーマン」を目指したかった

「カッコいい女性になりたい」。就職活動を始めた時はその一心で会社や仕事を選んでいました。人と話すのは好きだし、なんとなく営業に向いているだろうと思って保険会社に就職。大手企業や官公庁の食堂でずっと立ち続け、近くに来た 方に「保険に興味はありませんか?」と声をかける、個人向けの営業。立ちっぱなしという点もしんどかったけれども、一番怖かったのは精神的な部分で「サボっても誰も見ていないから平気」という考えに少しずつ染まってしまう自分がいた事。勤務時間中に少し手を抜いても、最低限の目標だけ達成していれば誰も何も言わない。「この仕事を続けていても身につくスキルはあるかもしれない。でも、このままじゃ駄目だ」。自分の理想からどんどん離れていきそうな状態を変えたくて、一年半で退職。一時期は事務になろうかな、と思ったりもしていました。ただ、事務として働いている元同期と会ってみると、会話に出てくるのは「仕事は楽だけど、ルーチンばかりで刺激がない」という後ろ向きな発言ばかり。そんな仕事に自分が向いているのか、改めて考えてみた時に思い浮かんだのは、やっぱりカッコいい営業ウーマンになりたいという想いでした。鍛えられたい!キツい会社でもいいから頑張りたい!って想いが再燃した瞬間。同じ失敗は繰り返したくない、次の会社では本気でやり抜こうと心に決めました。

周りから常に期待される事が嬉しい

キャリアデザインセンター(以下CDC)を知ったのは、偶然立ち寄ったCDC主催の転職支援イベント。そこで女性の営業が注目されていることを知りました。ハイヒールを履きこなして、鞄を持って外に出て、自分で稼ぐ。実際に活躍している先輩社員の声を聞いて、こうなりたい!と入社を決意。でも、営業スタイルは前職とまったく別物。法人のお客様を相手に、経営課題に直結する採用に関するニーズを聞いて、必要な人材を採用する為の計画と提案をまとめあげる。お客様ごとに違う課題と向き合う中で、前職よりもはるかにのうみそを使い考え抜く日々。最初はなかなか結果が出ませんでした。同じ時期に中途入社したメンバーが次々と受注を決める中で、私の初めての成約は入社してから丸3ヶ月後。会社から設定された目標は2回連続で未達成というふがいない結果に。それでも、CDCは私に期待をかけ続けてくれる。「ここで応えなきゃ、カッコ悪い」。がむしゃらにやり続けた結果、三度目の正直でどうにか達成。でもそこで感じたのは、達成した喜び以上に、期待してくれる環境への感謝でした。個人の売上目標をクリアできるかどうかと、最初は不安や焦りから始まるけれども、絶対に期待には応えたい。その感覚は前職ではあまり感じられなかったもの。今は自分自身の目標だけじゃなくて、自分が今ここでどんな行動をすればチームの為になるか、新卒社員が頑張れる一言をかけられるか、みたいな事まで考えられる余裕が出てきて、ちょっと先輩らしくなれたかなって思います。

CDCならカッコいい自分になれる。そんな確信があります

CDCには色んな人がいて、とにかく刺激を受ける事が多いです。お世話になっているマネージャーは女性で、とにかく軸がブレない人。その時々で言う事が一貫しているので信頼できますし、そうした人の下で働ける事は、自分自身にも大きなプラスになっていると感じます。仕事と家庭の両立という点でも、モデルとなる方がたくさんいるので、私も自分に合う働き方を模索し続けたいですし、CDCならなりたい自分になれるという確信はあるので、このままカッコいい自分を目指して、突っ走っていきたいです。