株式会社キャリアデザインセンター

いい仕事、いい人生。


TOP

>

投資家情報 IR情報

>

ディスクロージャーポリシー・免責事項

ディスクロージャーポリシー・免責事項

ディスクロージャーポリシー

1.ディスクロージャーポリシー

(1)当社では、金融商品取引法および東京証券取引所の定める有価証券上場規程の「会社情報の適時開示等」(以下「適時開示規則」という)に沿って、情報開示を行っています。

(2)当社は、「適時開示規則」に該当しない情報につきましても、投資家の皆様の需要に応えるべく適切な方法によりできる限り積極的かつ公平に開示していく方針であります。

2.情報開示の方法

「適時開示規則」に該当する情報の開示は、各証券取引所の提供する情報開示システム(TDnet)にて公開します。TDnetにて公開した情報の当社ホームページへの掲載は、「適時開示規則」により掲載します。なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、当社ホームページの掲載時期が公開時期より遅れることもあります。また、「適時開示規則」に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできる限り正確かつ公平に当該情報が一般投資家の皆様へ伝達されるよう配慮を行っております。

従いまして、当社の開示情報を確認されたい場合は、当社ホームページと共に東京証券取引所ホームページに掲載されるディスクロージャー資料等もあわせてご覧頂くことをお奨め致します。

3.業績予想について

当社では、決算短信に記載する業績予想に加えて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。また、メディア、説明会、各種資料、質疑応答等には、将来の見通し、見解などが含まれる場合があります。何れの場合におきましても、過去の事実でないものは、一定の前提の下に作成されたその時点での当社の判断に基づいております。従いまして、将来の情報につきましては、前提の変更に従い、予告なしに変更されることがありますので、これら見通しのみに全面的に依拠されることは控えて下さい。

また、実際の業績は様々な要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき下さい。

4.内部情報管理について

当社は、重要事実の公表及び内部情報に関する管理基準等についての運用指針を定めるべく、インサイダー取引規制に関する規程を設けております、また、インサイダー情報の管理に関する運用を徹底すべく、役員および従業員の教育にも注力しております。

5.沈黙期間について

米国には、決算発表直前に「沈黙期間」を設けて、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算に関する一切のコメントを控える慣習があります。当社は沈黙期間を設けないかわりに、決算に関する情報は当初の予想と実績見込みに乖離が生じた場合は適時開示規則に従い適宜公表することとし、該当しない場合は、決算に関するコメントや回答は差し控えることとしております。

免責事項

当社ホームページの如何なる情報も、当社株式の購入や売却などを勧誘するものではありません。

万が一この情報に基づいて被った如何なる損害についても、当社及び情報提供者は一切責任を負いません。投資に関する決定は、利用者ご自身の判断において行われるようお願い致します。

なお、情報は常に最新情報を反映しているものではないことをご承知おき下さい。