株式会社キャリアデザインセンター

いい仕事、いい人生。


TOP

>

商品サービス情報(CDC事業コンセプト)

CDC事業コンセプト

日本経済成長のキーワード、それは「中途採用による人材の流動化」です

現在、日本が置かれている状況の中で、最も深刻な問題は少子化です。少子化は高齢化社会を招くと同時に若年労働力の低下という二重の課題を私たちに突きつけています。

日本が世界に誇れる資源は「人材」です。しかし、人材は少子化により減少し、その影響はすでに新卒採用から始まっています。近年、企業の新卒採用に対する意欲は慎重になりつつありますが、新卒はいずれ『金』どころか『プラチナの卵』と言われるようになり、一部の有名・優良企業しか新卒の労働力を確保できなくなるでしょう。

世界的な景況感の悪化に伴い、日本経済および国内の雇用情勢は大幅に悪化しました。一部の企業では業績改善の兆候が見られているものの、依然として厳しい状況が続いております。しかし、中長期的な視点で見た場合、企業の成長のためには優秀な人材の獲得をすることが必要不可欠です。そして、それを実現する方法が中途採用による人材の流動化であり、当社の取り組むテーマなのです。

企業の成長と少子化のギャップを埋めるのが、中途採用による人材の流動化

ターゲットは「キャリア志向の高い人材層」、「エンジニア」、「女性」

日本経済が再度成長期に入ると、企業の採用は活発化するものの、かつてのバブル期のような数合わせの採用はありません。企業は、キャリアや経験、専門性を有し企業価値を高めることができる優秀な人材、つまりはキャリア志向の高い人材のみを求め、厳選採用することになります。

当社は、この人材層にターゲットを絞り、「エンジニア」・「女性」マーケットを中心に質の高い採用のサポートをするという戦略を創業以来貫き通してきました。今後は、これらに加えて採用ニーズが高い「営業」など、さまざまなマーケットにおける質の高い採用のサポートを実現していきます。

CDCはいわば専門店

type

キャリア志向の高いコア人材層にターゲットを絞る。これを流通業にたとえるなら、他社は百貨店であり、CDCは専門店という位置づけとなります。

ターゲット層を絞ることにより経営資源を集中させ、独自の商品・サービスのラインアップで差別化を図っています。